前へ
次へ

ハローワークの役割とは何か考える

ハローワークとは正式には公共職業安定所という国の行政機関です。
基本的には雇用保険法とそれに関連する法令を執行する機関です。
公共職業安定所というと失業した場合に職業を紹介すると考えがちですが、それ以外にもいろいろな役割を果たしています。
失業した場合には収入が無くなります。
職業を紹介してもらい就職するまでの生活を保障するのが雇用保険の役割でありハローワークがその機関です。
再就職までの生活保障がいわゆる失業保険や失業手当と言われる保険給付です。
失業の理由により給付の種類があります。
基本手当と言われる就職までの生活費がありますが、失業の理由によって給付期間などが異なります。
大まかに言って、自己都合の退職の場合には基本手当を受け取るまでの期間が長くなりますし、リストラなど解雇した企業の都合の場合は受け取れるまでの期間が短くなります。
それ以外にも雇用保険に加入していた期間や失業者の年齢によって金額も異なります。
こうした失業手当以外にも高年齢求職者への給付、育児や介護休業者への給付などもあります。
総じて、離職から再就職までの間の生活やスキルアップと就職先の紹介などをする保険がハローワークで行われるわけです。

Page Top